軽量モバイルノートパソコン

軽いからいつでもどこにでも!

ノートパソコンとモバイルノートの違いはなんでしょうか。明確な定義は定められていませんが、ノートパソコンよりもさらに小型であることがモバイルノートの条件になっています。

 

具体的には13インチ未満です。軽量・薄型・小型であるため、どこにでも持ち運べます。いつも持っていても邪魔にならないので、ビジネスマンに人気があります。

 

モバイルノートは作業用

モバイルノートにも弱点があります。それは性能と画面の小ささです。小型であるがゆえ、決して高性能ではありません。動画を見ることは可能ですが、負担のかかる処理(ゲームなど)をするのは無理です。

 

また、画面が小さいため作業効率はあまり良くありません。例えば画像編集のように細かい作業には向いていません。だからメールを返信したり、仕事で使う書類をWordで作成したり、と簡単な作業に向いています。

 

おすすめのモバイルノート

ではおすすめのモバイルノートをご紹介します。選定基準は価格と性能です。BTOには軽量ながら安くて、それなりに性能の良いものがありました。

 

HP 「Pavilion 10-f014AU」

最小、最軽量、最安値!HPのモバイルノートはすべてが最強です。10.1インチの画面ですが1366x768の広い解像度です。重さは1.1kgなので本当に軽いですね。

 

ただし性能は最小構成です。メモリが2GBしか搭載されていないので、重い作業は一切できないと思ってください。メール返信なら大丈夫ですが、Officeを動かすのはちょっと厳しそうです。

 

 

DELL 「Inspiron 11 2 in 1」

Officeを動かしたいならDELLをおすすめします。なんとOffice搭載モデルも用意されています。仕事用モバイルノートとしては嬉しいですね。しかもメモリ4GBなのでかなりサクサクですよ。

 

液晶は11.6インチで、HPよりも一回り大きいですね。重さは1.39kgなので決して邪魔にはなりません。さらにタッチパネルにも対応しています。仕事用としては完璧な性能ではないでしょうか。

 

 

マウスコンピューター 「LB-C200E-BG」

タッチパネルがいらないならマウスコンピューターがおすすめです。11.6インチに1.34kgなのでDELLとほぼ同じです。でもタッチパネルは非搭載です。人によってはタッチパネルは不要ですからね。

 

バッテリーの持ちが非常に良く、6時間も使えます。小型なのに長時間使えるのはかなり珍しいです。いつでもどこにでも持ち運べる便利なモバイルノートです。